月別アーカイブ: 2016年10月

press7

うんちマン100人フラッシュモブでハロウィンの渋谷をジャック!!

半径2メートルから人も自分もハッピーにするゲーム会社の株式会社ダイスクリエイティブ(所在地:東京都中央区 代表取締役うんちマン 小関昭彦)は10月30日(日)に渋谷で「うんちマン・うんちウーマンのハロウィン100人フラッシュモブ!」を実施します!

 

【実施概要】

日時:10月30日(日)夕方17:00に渋谷にのカフェバー集合!

場所:渋谷センター街 Cafe&Bar VANDALISM(ヴァンダリズム)

東京都渋谷区宇田川町26-9 太田ビル B1F Tel.03-5784-0939

主催:株式会社ダイスクリエイティブ Tel.03-6667-1885

詳しくはこちらから

・参加費:女子8000円、男子10000円、学生7500円、子供(中学生以下)5000円(各税込金額)

※参加費に含まれるのは、コスチューム(公式全身タイツ、金のウンチ帽)とパーティ費用(軽食+フリードリンク)の金額です

 

17:00 – 18:00       ハロウィンパーティの会場でうんちマン・うんちウーマン(うんちガール)に変身!

 

18:00 – 19:00       渋谷にて100人でフラッシュモブを展開

※至極簡単なフラッシュモブを展開後渋谷の街をねり歩く

 

19:00 – 21:00       ハロウィン・フラッシュモブ打ち上げパーティを開催!

※うんちマン& PooPridersのライブショーもあります

 

●そもそも“うんちマン”とは何者か!?

うんちマンとは、ゲーム会社株式会社ダイスクリエイティブを25年間経営している代表取締役うんちマンの小関昭彦です。

小関は、子供の頃から大好きだったうんちをテーマにした~世界のうんちゲーム“プープライド”~というスマホゲームのアプリをプロデュースしました。広告宣伝費が少なく、一昨年の東京ゲームショウのパーティにうんちマンとして登場したところ、思いのほか業界関係者から好評だったために気を良くし、うんちマンとして国内外のゲームショウなどを宣伝活動中に“非言語コミュニケーションに開眼!

つまり、うんちマンは世界中の人も自分もハッピーに出来ることを身をもって実感!以降、日常的にうんちマンとして生活し、うんちマンの行動規範となるUN理論を開発。

UN理論を元にした「うんちマンのミラクルワークショップ」をこれまで約200人を対象に開催し、脳と体を使ったゲームなどをとおしてNO(否定)から解放されてハッピーになってもらうことを目的としている!半径2メートルから人も自分もハッピーにするうんちマン・うんちウーマンを世界中に増やし、ワールドハッピーに貢献することをライフワークにしています!

 

なぜ「うんちマン・うんちウーマンのハロウィン100人フラッシュモブ!!」をやるのか?

ハロウィンでは「うんちマンのミラクルワークショップ」で増幅したウンチングパワーを披露し、半径2メートルから人と自分をハッピーにするうんちマン・うんちウーマンを世界中に増やすために行います!

ハロウィンをきっかけに参加者には公式コスチュームを購入していただき、いつでも気が向いたときにうんちマン・うんちウーマンに変身して人も自分もハッピーになれるツールを手に入れていただく!ことも目的です!

 

うんちマンとして生きることのメリット・デメリット

【メリット】

1.出会う人がハッピー(笑顔)になってくれるので自分もハッピーになる

2.普通に生活しているだけで友達が増える(多くのハッピーな人と写真が撮れたり友達になれる)

3.子供やそのお母さんからニコニコされることが多い

4.相手の気持ちがわかりやすくなる(自信があり、心に余裕がある人は優しく笑顔になる)

5.ド派手で目立つので、その分謙虚なり、思いやりが持てるようになる

6.子供から注目されることが多いので交通法規などをきちんと守るようになる

7.人からどう思われようと気にならなくなるので、ブレない生き方ができるようになる

8.目立つので待ち合わせに便利

 

【デメリット】

1.最初の間は恥ずかしい

2.人から蔑視されたり、見て見ぬ振りをされることがある

3.人から恫喝されたことも一度だけあった(その方はかなり情緒不安定な方ではないかと思われた)

4.一部の友達から嫌われることもある

5.はじめて訪問する会社やお店などには事前に確認する手間がいる(結果丁寧な生き方になる)

6.全身タイツなので男子用小便器が使えず、トイレが長い

7.全身タイツなので夏暑く冬寒い

8.自転車の子供やクルマのドライバーから注目されすぎて事故が起きないかヒヤヒヤすることがある

 

press11

うんちマンの思い込みランキング!

●どのような人から声をかけられたり写真を撮ってと言われるのか?ランキング

1.女性(若年から中年、小さいお子さんいるお母さんが中心)40%

2.訪日外国人(観光客と思われる欧米系、東南アジア系)30%

3.学生(中高生の団体)20%

4.酔っ払いの中年男性(夜) 10%

 

●他人からどのように見られるのか?ランキング

1.チラ見(なんと言ってもこれが一番多いです) 50%

2.見てみなかったフリ 20%

3.ニコニコ笑顔 20%

4.歩きスマホ見てて気づかない 9%

5.蔑視(ありがたくもほとんどいません) 1%

 

●場所別の好感度ランキング

1.浅草(外国人観光客のみならず、人力車の車夫さんや地元の商店街の方々からも喜ばれます)

2.京都(観光名所では外国人観光客からひっぱりだこです)

3.お台場(外国人観光客、女子高生、カップルの女子から好まれます)

4.原宿(主に女子高生や女子です)

 

●うんちマンとして過去に訪れた国別の好感度ランキング

1.ドイツ(ゲームショーが終わったとたんに多くの厳つい警備員さんが来て一緒に記念写真を撮りました)

2.ベトナム(観光地のお土産屋さんではほとんどの若い売り子さんと写真を撮りました)

3.韓国(老若男女からまんべんなく好かれたように思います)

4.中国(ゲームショーの会場ではコンパニオンさんから好かれました)

 

●電車内やホームでの好感度ランキング

1.様々な女性(様々な世代の好奇心旺盛な女性。子連れのお母さんや海外生活経験者も多い気がする)

2.学生の集団(男女とも集団になると大騒ぎになることも)

3.個性的な男性(マスコミ、デザイン、アーティストetc.)

※上記ランキングはあくまでうんちマンの主観や思い込みが含まれたランキングです

うんちマンプロフィール

unchiman_P320

株式会社ダイスクリエイティブ 代表取締役  うんちマン 小関昭彦

ダイスクリエイティブというゲーム会社を25年間経営。創業後の10年間は主に任天堂のゲームを故岩田聡氏とともに開発プロデュー ス。

2000年からはiモードコンテンツ制作をはじめ、約500本のカジュアルゲームをプロデュース。3.11後には、原発をテーマに推進反対等さまざまな立場の方々が実名で登場する「エネシフゲーム・インタビュー ズ」を発案し、ニュートラルな立ち位置で開発プロデュース!

その後、思うところあって、子会社を2社作り、 既存事業を若手に任せ~世界のうんちゲーム“プープライド”~という、うんちの素晴らしさを伝えるゲームを開発プロデュース!国内外をうんちマンとして宣伝活動中に“非言語コミュニケーション=UNコミュニケーション”に開眼。

つまり「“うんち”は世界中の人々をハッピーにできる!!」ことを身をもって実感!! 以前からU理論やマインドフルネス等々を学んでいたこともあり、人と自分の持続可能なハッピーためにUN理論を開発し、企業向けにはUNチームビルディング、UNコーチング、UNコンサルなどを提供!一般向けには子供から大人向けまで人間関係改善、チームビルディング、コーチングなどを展開中!

さらに、メインコンテンツである「NOからの解放ゲーム!!」のスマホアプリ化を計画中です!

 

●本件についてのお問い合せ先

株式会社ダイスクリエイティブ 〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-3-18 堀一ビル3階

担当       代表取締役 うんちマン 小関昭彦

TEL                                 03-6667-1885

E-mail                               info×dice.co.jp

うんちマンWEB

Facebook

Yahoo!USA